注目の炭水化物ダイエットが効果的な理由は

今まで痩せられなかった人でも簡単に効果が出るダイエット法として、数年前から注目を集めているのが炭水化物ダイエットです。
主食であるご飯やパン以外はお腹いっぱい食べられるということで、挫折しづらいというのも他のダイエット方法とは違うところですね。

炭水化物が体内で消化吸収されると糖質に分解され血糖値が上昇しますが、それを抑えるために分泌されるのがインシュリンです。
インシュリンは筋肉や肝臓に糖分を取り込み、血糖値を下げる働きをしますが、余った糖分は脂肪になってしまいます。
さらに、インシュリンには脂肪の分解を抑制する働きもあるため、太りやすく、痩せにくい体にもなります。

炭水化物ダイエットでは、ご飯やパンなどの炭水化物を制限することで、血糖値の急激な上昇、インシュリンの分泌を減少させることが可能です。
この時、体内では不足している糖分の代わりに、蓄積されていた脂肪をエネルギー源に変える働きをする物質が分泌されます。
炭水化物ダイエットが痩せやすのは、今までに蓄えていた脂肪を減らしながら、脂肪を蓄積しにくい体に変えていくことができるからです。

また、炭水化物自体は他の栄養素に比べてそれほど高カロリーではないものの、主食として食べ過ぎている人が多いのも事実です。
そのため、炭水化物ダイエットで主食を減らせば、その分の摂取カロリーが抑えられることも成功の秘訣でしょう。

一日のうちでお茶椀1杯のご飯、パン1枚を減らすだけでも炭水化物ダイエットには効果があると言われています。
炭水化物以外は制限されていないところも、炭水化物ダイエットが無理なく続けられる理由かもしれませんね。